*

豪雪被害で火災保険は支払われる?

公開日: : 最終更新日:2014/09/12 火災保険の選び方 , ,

snow128_128火災保険は大雪による被害も補償します。日本海側などの豪雪地帯では大雪により家屋に大きな災害が出ることがあります。太平洋側でも時折発生する大雪により、被害を受ける場合もあります。大雪による被害には、屋根が破損してしまったり、家屋の一部が損傷したり、ガレージが雪の重みで倒れてしまうといったケースが含まれます。このような場合に備えて火災保険に加入しておくのが賢い選択です。火災保険の補償対象には雪害も含まれていますから、大雪による被害の補償を考慮する場合は、火災保険の基本的なプランで補償されます。

免責金額を知る

雪害による補償が含まれているものの、覚えておきたい点として、雪害に限らず自然災害による補償には免責金額が設定されています。免責金額とは修理代や新しいものを購入する場合などに自己負担する金額のことです。ほとんどの火災保険は補償額のうち、20万円が免責金額に設定されています。ですから仮に雪害によって19万円の被害を受けた場合、火災保険の補償対象外となり、すべて自己負担ということになります。それで特に大雪が予想される地域に住んでいるのであれば、自己負担をしなければならない場合があることも認識しておきましょう。

雪害による補償のメリット

免責金額があったとしても雪害による被害は甚大になる場合があります。例えば雪の重みで家屋が傾いたり、屋根が損傷したりする場合があります。またガレージが押しつぶされてしまう場合もあります。このようなケースでは損害額が20万円をはるかに超えることになり、損害額は100万円を超えてしまう場合も少なくありません。仮に20万円の免責金額があったとしても、80万円は保険で補償されますから、メリットは大きいと言えるでしょう。

免責金額を設定できる火災保険もあります。その分保険料が上がりますが、自己負担額が減ることで、保険の補償のメリットが実感できます。免責 0円を選択することができる保険もありますが、その場合には保険料が大幅に上がります。保険料の上昇分が免責金額を超えてしまうのであれば、あえて免責0円を設定する必要はありません。なお免責額が自分で設定できる火災保険を探す場合、複数の火災保険を比較検討するのがおすすめです。

おすすめの火災保険一括見積サービス

「価格.com 保険」火災保険一括見積

kakakucom01

価格.com 保険」火災保険の一括見積はこちら

  • 最大12社の保険会社から一括見積もり
  • 年間見積もり件数10万件突破の実績
  • 火災保険の見積もりは、最短当日~3営業日以内でメール送付

関連記事

建物の構造級別を調べる

火災保険の保険料は建物の構造により異なります。燃えにくい素材かそうでないかによって火災の際の焼

記事を読む

建物の保険金額を決める

火災保険は構造級別により保険料が変わります。耐火性の高い物件ほど保険料が割安になります。実際に

記事を読む

タイプ別のおすすめ火災保険

火災保険に加入する際には、補償範囲をよく考えて契約することが大切です。火災保険もオーダーメイド

記事を読む

火災保険の保険期間を決める

火災保険は通常一年の保険期間を設定します。しかし火災保険は長期契約も可能です。長期契約のメリッ

記事を読む

火災保険の対象を決める

万一火災に遭うと、建物だけでなく家財や備品など多くの資産を失うことになります。自宅を店舗として

記事を読む

火災保険に地震保険を付けるか決める

東日本大震災の発生後、地震保険に加入する世帯が急増しています。地震保険は火災保険とセットで販売

記事を読む

火災保険の補償範囲を選ぶ

火災保険に加入する際には、保険による補償範囲を決定する必要があります。補償範囲には、実際の火災

記事を読む

家財の保険金額を決める

火災保険の補償には、建物の補償に加えて家財に対する補償もあります。例えば火災により建物が焼失し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

地震保険料の相場

地震保険の契約を考慮している場合、地震保険料に関する情報を知りた

地震保険とは

地震保険とは地震によって被害を受けた場合に、損害を補償する保険の

地震保険の加入率

東日本大震災の発生以降、地震保険に加入する世帯が急増しています。

地震保険の控除・割引

地震保険加入している場合、特典として損害保険料控除が受けられます

地震保険の保険料

地震保険の保険料は保険料率に従って計算します。地震保険の保険料を

→もっと見る

PAGE TOP ↑