*

台風で火災保険は支払われる?

公開日: : 最終更新日:2014/09/12 火災保険こんな時は払われる? , ,

typhoon128_128日本は毎年台風による被害が発生します。台風による被害には、強風による建物の損傷や、大量の降雨による水害などが含まれます。これまで災害がほとんど発生しなかった地域でも、台風による被害が発生している地域もあります。それで万一の災害に備えて、台風による被害を補償するために、火災保険に加入しておくのは大切です。また台風による被害を全てカバーするためには、火災保険に水災や風災の補償など様々な特約を付加して万全の備えを整えておくことも必要になります。具体的にどのような補償を付加できるか考えてみましょう。

台風の補償に水災と風災を付加する

前述のとおり、台風による被害に対処するためには、風災による補償を加えておく必要があります。強風にあおられて屋根が飛ばされてしまったり、アンテナが倒れてしまったり、ベランダの欄干が飛ばされてしまったりという被害に遭う可能性があります。また突風により窓ガラスが割れてしまうということもあるかもしれません。これらの保証は風災補償で賄うことができます。もし火災保険に風災補償がついていない場合には、万一の台風による被害に備えて、風災補償をセットしてください。

風災と同時に付加しておきたいのが水災の補償です。台風による集中豪雨で突然の雨漏りが発生する場合があります。雨に起因する被害は、風災補償や火災の補償では対応できません。この場合は水災補償で損害を補償することになります。また台風により河川が増水し、浸水の被害が出ることがあります。この場合も水災による補償によって家屋を修理したり消毒したりすることができます。

落雷による被害も想定する

台風による被害には落雷もあります。落雷による被害は通常の火災保険で補償されます。落雷により電化製品が破損するというケースが多発しています。この場合も火災保険に加入しておけば通常の補償が適用されます。また落雷によって家が焼失してしまうということもあります。このようなケースも火災保険で補償されます。

もちろん火災保険ですべての災害に対する完璧な備えができるわけではありません。しかし火災保険の補償範囲を広げることによって、ある程度の補償を確保することが可能になります。ですから火災保険に加入する場合は、台風などの自然災害に備えてどのように補償を手厚くすることができるのかを考えるようにすると良いでしょう。保険代理店に相談し、どのような補償をセットできるか提案をもらうこともできます。また台風に備えるために火災保険に新たに加入する場合には、いくつかの保険を比較して検討してみるのがおすすめです。同じ保険料でも補償の幅が違うということもありますし、逆に同じ補償内容でも保険料が安くなる場合もあるからです

おすすめの火災保険一括見積サービス

「価格.com 保険」火災保険一括見積

kakakucom01

価格.com 保険」火災保険の一括見積はこちら

  • 最大12社の保険会社から一括見積もり
  • 年間見積もり件数10万件突破の実績
  • 火災保険の見積もりは、最短当日~3営業日以内でメール送付

関連記事

床上浸水に床下浸水…水害で火災保険は支払われる?

火災保険には水災に対する保障を加えることができます。近年頻発する異常気象によってゲリラ豪雨や突

記事を読む

門や塀、車庫は火災保険で補償される?

住宅向けの火災保険の補償範囲は、敷地内の建物全体が含まれます。敷地内にある家の門や壁、車庫も対

記事を読む

土砂災害で火災保険は支払われる?

火災保険には風災や水災などの自然災害に対する補償を付加することができます。しかし火災保険には土

記事を読む

豪雨による雨漏りで火災保険は支払われる?

ゲリラ豪雨や集中豪雨によって、突然雨漏りが発生する場合があります。日本では異常気象が頻発してい

記事を読む

落雷で火災保険は支払われる?

落雷による被害は毎年数多く発生しています。もし雷が落ちると家の中の家電製品が全て壊れてしまった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

地震保険料の相場

地震保険の契約を考慮している場合、地震保険料に関する情報を知りた

地震保険とは

地震保険とは地震によって被害を受けた場合に、損害を補償する保険の

地震保険の加入率

東日本大震災の発生以降、地震保険に加入する世帯が急増しています。

地震保険の控除・割引

地震保険加入している場合、特典として損害保険料控除が受けられます

地震保険の保険料

地震保険の保険料は保険料率に従って計算します。地震保険の保険料を

→もっと見る

PAGE TOP ↑