*

風災は外さない方が良い補償

公開日: : 最終更新日:2014/09/11 火災保険見積もりを安くする方法 , ,

wind128_128火災保険には風災による補償を付加することができます。できるなら風災の補償を付加することをおすすめします。その理由は近年の異常気象の増加により、風災による被害が多くなっているという点が挙げられます。台風や突風竜巻による被害が年々増加しています。例えば関東地方を襲った竜巻では多くの家屋が被害を受けました。これまで竜巻が起きたことがないと言われる地域でも竜巻が起きるようになっています。仮に竜巻が起きた場合、風災の補償に入っていなければ修理費は補償されません。ですから風災による補償には加入しておいた方がいいと言える理由が十分にあると言えるのです

風災リスクは高まりつつある

また台風による被害も深刻なものになっています。台風の強風によって屋根が吹き飛ばされたりアンテナが壊れたり、窓ガラスが割れるといた被害が相次いでいます。屋根が吹き飛ばされてしまうとその修理費に莫大な費用がかかります。被害規模が大きな場合、国や地方自治体からの支援を受けることが出来るかもしれませんが、それでもすべての費用を賄う事は到底できません。そのような時に活躍するのが風災の補償です。火災保険に風災補償をプラスすることで、実際に役にたったという声を寄せている加入者も少なくありません。

保険証券をチェックする

もし自分の加入している火災保険に風災による補償がセットされているかどうかがわからない場合には、保険証券を見直してみることが大切です。保険証券に風災補償が記載されているのであれば大丈夫です。しかしその記載が見られない場合には、風災による補償がセットされていない可能性が高いので、一度保険会社に確かめてみることができるでしょう。風災による補償セットしても保険料が大幅に上がるという事はありません。むしろ補償額の大きさを考えると、費用対効果は高いといえます。

風災に遭う可能性は今後も高い

地球温暖化によって今後も風災による様々な被害が増えることが予想されます。自分は大丈夫という考えではなく、明日は我が身という考えを持った生き方をすることが大切です。備えあればうれいなしという言葉がありますが、風災による補償セットしておくことで実際に役に立ったというケースがいくつもあります。ですからもし火災保険に風災がセットされていないことが分かった場合には、できるだけ早く風災補償を付加するようにしておくと良いでしょう。また火災保険に加入する際にはいくつかの火災保険を比較して自分にとってどれが良いのかを比較検討してみることをお勧めします。

おすすめの火災保険一括見積サービス

「価格.com 保険」火災保険一括見積

kakakucom01

価格.com 保険」火災保険の一括見積はこちら

  • 最大12社の保険会社から一括見積もり
  • 年間見積もり件数10万件突破の実績
  • 火災保険の見積もりは、最短当日~3営業日以内でメール送付

関連記事

火災保険の保険期間は長い方が保険料は安くなる

火災保険は1年単位で契約する方法と、長期にわたって契約する方法の2つがありますが、長期間にわた

記事を読む

補償の内容を自分で選べば保険料は安くなる

火災保険は自分自身で補償を選んで組み立てることができます。自分で補償を選ぶことのメリットは保険

記事を読む

水災補償はエリアによっては外して保険料を安くする

火災保険には水災による補償をセットすることもできます。近年自然災害による様々な被害が急増してい

記事を読む

使える割引はすべて使う

火災保険を賢く契約する方法として、火災保険の契約の際に割引制度を全て利用するという方法がありま

記事を読む

火災保険は一括見積もりで安くなる

火災保険を契約する方法には、保険代理店を通じて契約する方法と、インターネットなどの一括見積もり

記事を読む

省令準耐火建物に変更で保険料を安くする

木造の建造物は、建材そのものが燃えやすいため、火災保険料が高くなります。しかし火災保険料が高い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

地震保険料の相場

地震保険の契約を考慮している場合、地震保険料に関する情報を知りた

地震保険とは

地震保険とは地震によって被害を受けた場合に、損害を補償する保険の

地震保険の加入率

東日本大震災の発生以降、地震保険に加入する世帯が急増しています。

地震保険の控除・割引

地震保険加入している場合、特典として損害保険料控除が受けられます

地震保険の保険料

地震保険の保険料は保険料率に従って計算します。地震保険の保険料を

→もっと見る

PAGE TOP ↑