*

使える割引はすべて使う

公開日: : 最終更新日:2014/09/11 火災保険見積もりを安くする方法 ,

money128_128火災保険を賢く契約する方法として、火災保険の契約の際に割引制度を全て利用するという方法があります。保険会社によって火災保険の割引制度が異なりますが、それぞれの割引制度を活用することで、保険料をよりお得にすることができます。保険料の割引が受けられる一般的な方法に団体割引制度があります。もしご自身が勤務している会社が団体割引制度に加入しているならば、その制度を活用してみることができるでしょう。通常よりも割安な保険料で契約することができますからその分火災保険を節約することができます。

保険会社により割引制度は異なる

保険会社ごとに独自の割引制度を実施している場合があります。その一つが新築割引制度です。新築の物件を購入する際、火災保険を同時に契約した場合に保険料が割引になります。他の割引制度と併用することができる場合もありますので、その分保険料抑えることができます。他の割引制度として長期割引制度を活用することもできます。団体割引に加えて長期割引制度を利用することで、保険料より節約することができ、家計の負担を減らすことができます。

ユニークな割引制度

他の割引制度として例えばオール電化向けの割引制度や太陽光パネルを設置している家庭に対しての割引制度などもあります。これらの割引制度をセットで活用することで保険料をさらに安くできます。注意点として、保険料の割引制度は火災保険を販売する保険会社によって異なりますから、実際に見積もりをとってどのような割引制度を活用できるのか、どれくらい保険料を節約することができるのかということを事前に調査しておくとよいでしょう。

保険代理店を通じて契約している場合

もし保険代理店を通じて契約している場合には、代理店側に対して保険会社の割引制度を活用することができないか尋ねてみることができるでしょう。保険会社が提供する割引制度を知らずに契約してしまうと、結局損になる場合があります。できるだけ火災保険で損をしないためにも、事前に個人でそれぞれの保険の補償内容を調べておくか、あるいは保険代理店に確かめるようにしてください。またいくつかの火災保険を比較して、どの火災保険が最もお得で最も割引率が高いかを考えてみることもできるでしょう。

おすすめの火災保険一括見積サービス

「価格.com 保険」火災保険一括見積

kakakucom01

価格.com 保険」火災保険の一括見積はこちら

  • 最大12社の保険会社から一括見積もり
  • 年間見積もり件数10万件突破の実績
  • 火災保険の見積もりは、最短当日~3営業日以内でメール送付

関連記事

火災保険は一括見積もりで安くなる

火災保険を契約する方法には、保険代理店を通じて契約する方法と、インターネットなどの一括見積もり

記事を読む

補償の内容を自分で選べば保険料は安くなる

火災保険は自分自身で補償を選んで組み立てることができます。自分で補償を選ぶことのメリットは保険

記事を読む

火災保険の保険期間は長い方が保険料は安くなる

火災保険は1年単位で契約する方法と、長期にわたって契約する方法の2つがありますが、長期間にわた

記事を読む

風災は外さない方が良い補償

火災保険には風災による補償を付加することができます。できるなら風災の補償を付加することをおすす

記事を読む

水災補償はエリアによっては外して保険料を安くする

火災保険には水災による補償をセットすることもできます。近年自然災害による様々な被害が急増してい

記事を読む

省令準耐火建物に変更で保険料を安くする

木造の建造物は、建材そのものが燃えやすいため、火災保険料が高くなります。しかし火災保険料が高い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

地震保険料の相場

地震保険の契約を考慮している場合、地震保険料に関する情報を知りた

地震保険とは

地震保険とは地震によって被害を受けた場合に、損害を補償する保険の

地震保険の加入率

東日本大震災の発生以降、地震保険に加入する世帯が急増しています。

地震保険の控除・割引

地震保険加入している場合、特典として損害保険料控除が受けられます

地震保険の保険料

地震保険の保険料は保険料率に従って計算します。地震保険の保険料を

→もっと見る

PAGE TOP ↑