*

銀行で住宅ローンを利用すると火災保険は必須?

公開日: : 最終更新日:2014/09/12 住宅ローンと火災保険 , ,

bank128_128家を住宅ローンで購入する場合、銀行や住宅金融公庫などの融資元から火災保険に加入するよう勧められることがあります。30年を超える長期での住宅ローンを組む場合は、ローン契約の条件として火災保険への加入が必須となっている場合もあります。それでローン契約をする際には、火災保険の加入も同時に行う必要があるということを覚えておくとよいでしょう。ここではローン契約の時に火災保険の加入がなぜ必要なのか、さらには便利に火災保険を利用するための方法について考えます。

住宅ローンと火災保険の関係

住宅をローンで購入する場合、火災保険への加入が必要になる理由は、仮に火災などの被害にあった際に、莫大な借金を背負ってしまうことのないようにするためです。もし火災保険に加入していないと、火災により自宅が消失した場合に、ローンだけが残ってしまうことになります。しかし火災保険に加入していれば、ローンの残債を全て火災保険で返済することができますし、新たに住宅を立て直す場合でも、火災保険に加入しておけば経済的な負担が少なくなります。家財に対する補償をセットしておけば、経済的な負担はさらに減少します。生活の再建をできるだけ速く進めるためにも、ローン契約は火災保険とセットで販売されているのです。

火災保険に加入しなくても良いケース

住宅ローンを利用する場合に、火災保険に加入しなくても良い場合もあります。住宅ローンの借入額が少なかったり、返済期間が1年以内など、短期で支払い終えたりできる場合です。加入が任意になるからと言って、安心は禁物です。万一に備えて火災保険に加入するなら、突発的な自然災害や火災にも対応することができます。備えあれば憂いなしという言葉の通りです。

銀行が提案する以外に火災保険は自分で選ぶこともできる

住宅ローンを組む際には、火災保険への加入が必須になる場合がほとんどですが、火災保険の種類については自分で選択することもできます。例えばお勤めの方で会社の団体割引制度が利用できるという方もいることでしょう。その場合団体割引での契約の方が保険料の節約になります。またいくつかの火災保険を比較して、より補償の手厚いもしくは保険料の安い火災保険に加入したいと思うかもしれません。もし銀行が提案する火災保険以外の火災保険に加入したい場合には、自分が希望する火災保険に加入することができるかどうかを銀行側に尋ねてみてください。ほとんどの場合自分が希望する火災保険に加入することができます。ただし選ぶことができる火災保険の種類や保険会社が限定される場合がありますので注意が必要です。

おすすめの火災保険一括見積サービス

「価格.com 保険」火災保険一括見積

kakakucom01

価格.com 保険」火災保険の一括見積はこちら

  • 最大12社の保険会社から一括見積もり
  • 年間見積もり件数10万件突破の実績
  • 火災保険の見積もりは、最短当日~3営業日以内でメール送付

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

地震保険料の相場

地震保険の契約を考慮している場合、地震保険料に関する情報を知りた

地震保険とは

地震保険とは地震によって被害を受けた場合に、損害を補償する保険の

地震保険の加入率

東日本大震災の発生以降、地震保険に加入する世帯が急増しています。

地震保険の控除・割引

地震保険加入している場合、特典として損害保険料控除が受けられます

地震保険の保険料

地震保険の保険料は保険料率に従って計算します。地震保険の保険料を

→もっと見る

PAGE TOP ↑